MANIFESTO

カー・テラPROエクステリア工房のマニフェスト

  1. MANIFESTO1

    カーポートの柱の穴埋めは
    きちんとモルタルを埋め込んで補強

    方流れ(2本柱)タイプが人気のカーポートですが、柱の設置工事をおろそかにすると歪みや傾きが起こり、車や家を傷つける恐れがあります。
    当社ではメーカー安全基準に基づく柱の固定強度を実現するため、柱を埋める深さを確保し、モルタル100%での穴埋めを徹底。万が一充分な深さの穴を掘ることができない場合は、お客様に相談のうえ、金具での強度補填をご提案しています。
    正しい柱の穴埋め
    正しい柱の穴埋め
    安全性が不十分な柱の穴埋め
    安全性が不十分な柱の穴埋め
  2. MANIFESTO2

    バルコニーやテラス、ベランダの柱より外に出る
    バルコニー、テラス、ベランダ屋根の施工は
    必ず自在桁を使用

    自在桁とは柱と柱をつなげる部品です。少々高価なのですが、屋根の強度を保つのに欠かせない大切な部品です。自在桁を使わない施工法もありますが、それでは安全基準を満たせないため当社では必ず自在桁を使用しています。
    またテラスやベランダに屋根を設置する際は、屋根と接する壁の防水対策も重要です。ここをおろそかにすると雨漏りの原因となるため、当社では防水作業を徹底しています。

    自在桁を使用した場合は屋根との接合部分が6箇所あります。(メーカー基準施工)
    自在桁を使用した場合は屋根との接合部分が6箇所あります。(メーカー基準施工)
    自在桁を省略した場合は屋根との接合部分が3箇所しかありません。(メーカー基準“外”施工)
    自在桁を省略した場合は屋根との接合部分が3箇所しかありません。(メーカー基準“外”施工)

    caution

    テラス工事業者をお決めに
    なる前のご注意

    元来、「自在桁」を使ったテラス屋根が設置可能なはずなのに、安く上げるために、「自在桁」を使用せずテラス屋根を施工する業者が多くいます。
    メーカーが保証するテラスの耐積雪強度や耐風圧強度(2F設置タイプ600なら、積雪20㎝・風速37m/秒)も、右上の画像のような「自在桁」を使用しない施工ではクリアー出来ない可能性が高いです。「自在桁」を使用していない施工の場合、万一の時メーカーの保証を受ける事ができません。 エクステリア工事をお考えの際は、「自在桁」を使用せず安い見積りを提案するような業者にご注意下さい。

    ●自在桁ナシでメーカーが保証する風圧に耐えられるか疑問に思いませんか?
    ●こういう施工を事前の説明もなしにされていませんか?
    ●自在桁が使われていないのに、見積には含まれていませんか?

    ※2F、3Fのベランダ・テラスの場合です。

  3. MANIFESTO3

    メーカーの責任施工に
    基づいた施工

    信頼できるメーカー品でも、施工業者が責任施工に基づいた施工を行わなければ、お客様がメーカー保証を利用できない場合があります。業者を選ぶ際には、施工実績とともに保証の手厚さをチェックするとよいでしょう。
    当社はLIXILの責任施工に沿った施工をしているため、お客様に手厚いアフターサービスを提供することができています。

WELCOME

相見積大歓迎

ちょっとした疑問やささいなことでもお気軽にお問い合わせください

0120-17イーナ-8434ハヨサッシ

【営業時間】8:00〜17:00
【定休日】日・祝日、年末年始・GW・夏季休暇

FAX:06-6901-7650

他社の見積をFAXください!
ご納得いただけるお見積をご提案いたします

メールでのお問い合わせ